yacmii note

るすばんけん

【展覧会のお礼】

yacmii 2018 exhibition
『京都で、しぜんなふしぜん』

賑わう京都を後にして
静かなアトリエに戻ると
青い空、梅雨に入る少し手前の気持ちのいい風が吹き
緑が日に日に濃くなって森が呼吸しているのが
目に見えるようで

いつもの椅子に腰掛けてふと後ろを振り返れば
戻ってきた作品のダンボールの山の前に眠る
愛犬のリラックスした様子に
ホッとして、でもなんだかおかしくて少し笑ってしまいました。

みなさまはいかがお過ごしですか?

今回の展示もたくさんのお客様にお越しいただき
本当にありがとうございました。

yacmiiにとって京都は思い入れのある場所
活動を始めたスタートの土地でした。
それゆえ、長く見守ってくださっているお客様が
過去のyacmii作品を連れて遊びに来てくださったり
始めたばかりの頃にたまたまご覧くださっていた方と
再会を果たしたり。

東京で見逃したけどたまたま旅行と重なったの!
と嬉しいご報告をいただけたり
もう一度見たかったの!
と会期中になんども足を運んでくださるお客様もいらして

毎回感謝は尽きませんが、
今回もご縁に恵まれた展示会となりました。

今回はお持ち込みオッケーの
「なにかついてますよ?」刺繍をお受けいたしました。
在廊日はたくさんのお客様からのオーダーをいただき
「ソレ」をお持ち込み頂いた事情や背景を伺うのもまた楽しくて。

仕事着の白衣に縫って芽がでるように新芽を縫ってほしいなぁ!
愛犬の一張羅を持ってきたよ!
エプロンに縫ってもらえば施設のみんなが笑ってくれる気がして!
家族全員分のシャツを持ってきたからおねがい!

なんだか幸せのおすそ分けをいただいたようで
とても嬉しかったです。

聖護院さんとコラボさせていただいた八ツ橋も
残りわずかとなっていたZINEも
多くの方にご購入いただき
完売いたしました。
全ての方に直接感謝を伝えられなかったのが
心残りです。

毎回おもうことではありますが
次回、皆様にお会いできるときに
一歩でも前に進めているようにもっとワクワクしてもらえるように
静かに長く続けていけることが今の私の目標です。

また皆様の笑顔に会えますように

支えてくれたすべての皆様に
心からの感謝を込めて。

2018.6.3 yacmii

ページトップへ戻る