yacmii news

archive


2020.05.22

2020.05.21

2020.05.20

2020.05.10

2020.03.26

2020.03.17

2020.02.27

2020.02.13

2020.02.11

2020.01.01

2019.12.17

2019.12.10

2019.12.09

2019.12.02

2019.11.01

2019.10.28

2019.10.16

2019.08.28

2019.06.10

2019.05.25

2019.03.15

2018.11.28

2018.06.06

2018.06.03

2018.05.15

2018.04.14

2018.03.20

2018.02.03

2018.01.01

2017.12.31

2017.11.15

2017.10.21

2017.10.20

2017.09.22

2017.04.07

2017.04.01

2017.03.26

2017.02.13

2017.01.01

2016.12.29

2016.09.19

2016.08.29

2016.07.26

2016.06.21

2016.05.25

2016.05.24

2016.05.19

2016.05.11

2016.04.13

2016.03.03

2016.02.25

2016.02.08

2016.02.01

2016.01.23

2016.01.01

2015.12.24

2015.12.14

2015.10.31

2015.10.15

2015.10.04

2015.09.29

2015.08.31

2015.07.28

2015.06.11

2015.04.19

2015.01.01

2014.11.20

2014.10.19

2014.09.01

2014.07.27

2014.06.16

2014.05.28


これまでのブログはこちら→

tw twiiter

ノコさんのクッキー

【作品のこと】

2020,5,10
「admire」

なんて美しい料理を作られる方だろうと思った。

……

2016年に製作したスーチェのクッキーには
「one more cookie」とタイトルをつけた。

あのときの幸せな記憶に続いて
今回製作したのは
nokos à l’étage のクッキー

今回もここに迷いはなく
つけた作品のタイトルは「admire」

はじめて出会ったのはたしか5年ほど前
ノコさんのお菓子を食べたくてたくさんの人が列を作ってた。

私は普段から刺繍のことばかりで、色々なものに疎いから
おいしいんだろうなぁとか考えながら
その列をただぼんやり横目にながめていた時
「大事な人に食べて欲しいお菓子なんだよね」って言って
友人がその貴重なクッキーをわけてくれた。
うれしくってドキドキしながら食べたことをいまでも思い出す。

ノコさんの作り出す世界観やセンスは
憧れに似てる。
決して気取っているわけではないのに
見惚れる美しさ。

大切に大切に味わって食べた
この「nokos」とつけられた名前のクッキーは
ノコさんが子どもの頃にお母様がおやつに作ってくれたクルミのクッキーだと知り

そのエピソードを見かけたとき
あの美しいお菓子の原点になったであろうこのクッキーを
いつか縫ってみたいなと思っていました。

よかったら縫ってみてくださいと
快くお返事くださったノコさんに
感謝と敬意を込めて。

nokos à l’étage は先日5周年を迎えられました。
本当におめでとうございます。
きっとまたこの騒動が落ち着いた頃には必ずお祝いに。

→お知らせ
3月に開催予定だった百草でのone room exhibitionは
夏までに開催させていただく予定でおります。
この未曾有の事態に確実なお知らせができずにおりますことを
ここで深くお詫び申し上げます。

yacmii

ページトップへ戻る